すね毛を薄くするには?

「すね毛を綺麗にしておきたい」そう思う人は近年増えてきています。特に元々すね毛が濃い人は濃く見えない程度の薄さにはしたいという方も多いです。

プールや海に行く時にもそうですが、色々なスポーツをするときにすね毛がもっさり生えていると美しくないと感じる人が多いようですね。

女性は元々脱毛をすることに慣れており、どうしてもツルツルの肌を見慣れています。そんな女性から見ると男性のすね毛がびっしり生えた足を見るとどうしても抵抗感を持つようです。それもあってか
、好意を抱く女性に配慮を払う男性がすね毛を薄くして、あまり印象的にならないような自然な形に整えることが一般化してきています。

ではどのような方法ですね毛を薄くしていくことができるのでしょうか?

すね毛を剃る(剃毛)

まず最も手っ取り早く、一番簡単な方法は、すね毛を剃ってしまうことです。

ここで不安に思うのが、何度か剃っているとだんだんとすね毛は濃くなるという嘘の口コミだと思います。これは剃刀(カミソリ)で剃ると、毛の断面が斜めになってしまうから起こることで、少し生えてきたときにちくちくしていたくなってしまったり、断面が大きいので毛が濃くなったように見えてしまったりすることもあるからで実際は剃ると濃くなることはないので安心してください。剃ると濃くなるが本当なら薄毛に悩む人はいなくなりますしね……。

すね毛を抜く(抜毛)

ピンセットなどで毛を地道に一本一本間引いていくという方法もあります。ただし、これはかなり根気がいる作業ですし、毛が途中(皮膚下)で千切れてしまうこともあるので注意しましょう。

抜く方法には他にはブラジリアンワックスで抜くという方法もあり、除毛クリーム脱毛とも呼ばれています。これは、アルカリ性成分によってすね毛のたんぱく質を溶かし毛を抜く方法です。

即効性がある一方で肌には負担がかかり、肌が弱い人は赤くなったり荒れたりしてしまいます。しかし、最近の除毛クリームには肌をケアする成分が含まれているものがあります。例えば保湿成分や美容成分が入っていて低刺激のものがありますので、肌が弱い人はこのような肌に優しいものを選ぶようにしましょう。

家庭用脱毛器で処理

家庭用の脱毛気で毛を抜いていったり、少し高価な脱毛器を買って光やレーザーなど脱毛クリニックやエステで使われているような方式の物を試してみることもできます。

この後者の方式のものは、少しずつ毛根を弱らせていき、毛を抜いて、最後にはあまり生えてこない程度にまですね毛を薄くすることができます。

医療機関で行う、永久脱毛を家庭用脱毛器で再現することはできませんが、すね毛を多少(本当に気持ち程度ですが)薄くするなら人によっては可能性があるので試してみるのはいいかもしれません。

ここで紹介したすね毛を薄くする方法はあくまでも処理を行ったときに一時的に薄くなるだけの方法で生涯薄くなるような永久的な効果は望めません。ずっと薄くしておきたい、そう思っているならクリニックなどの医療機関を受診し、医療レーザー脱毛により処理するのがおすすめです。結果的にお金も時間も節約できるはずです。

以下ではここで紹介した以外のすね毛脱毛方法もまとめているので参考にしてみてください。
【剃る?抜く?】自転車のすね毛処理のトレンドと処理方法一覧