すね毛の毛周期

毛周期(もうしゅうき)という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

本気ですね毛を脱毛しようと考えた場合、一回だけでは終わらないため何回か通いながら根気強く行っていく必要があります。中には途中で面倒くさくなったり、もどかしくなり、脱毛をやめてしまう人もいます。これはすね毛だけに限ったことではなく、脱毛全般を行う方によくあることです。

しかし、毛周期について理解しておくと、脱毛を完ぺきに行うためには根気強く脱毛に通わなくてはいけないと理解することができます。なのですね毛の毛周期について少し理解を深めておくのも良いでしょう。

毛周期とは?

まず、毛周期とは、毛が発育していく三つの段階のことを言います。

それは「成長期」と「退行期」、そして「休止期」です。

成長期とは

成長期とは、毛が目に見える段階まで育って伸びている状態で、成長期が長ければ長いほど毛は長く伸びていきます。すね毛というのは髪の毛に比べて毛の長さが短いので、この成長期の段階が短いというのが特徴です。

退行期とは

退行期というのは、毛が十分育った後、もうこれ以上は育たない状態のことです。退行期に入ると色素細胞がメラニンを作るのをやめてしまったり、毛母細胞が衰えて消えたり角化したりします。退行期の期間というのはだいたい数週間と言われ、この期間に毛は抜けて行きます。

毛が抜けた時に毛の根元が付いているものというのはこの退行期に抜けたもので、いわば寿命をまっとうした毛ということが言えます。

休止期とは

続いて、休止期ですが、これは退行期の後、次に毛を生み出すまで休んでいる状態のことを言います。毛乳頭をほかの細胞が取り囲んで埋もれた形になり、皮膚の表面から見ても毛穴が分からないような状態になります。

毛周期と脱毛の関係性

なぜすね毛の脱毛をしようと思った時に毛周期を理解しておく必要があるのかと言うと、脱毛できるのは主に「成長期の毛」だけであり、それ以外は効果的に脱毛することができないからです。

レーザーや光の脱毛方式は色素細胞に働きかけるので、休止期に入った毛根には効果がありませんし、一本一本脱毛していく電気針脱毛(ニードル脱毛)も外から分からなくなってしまった毛穴を見つけてほじくり返すことはできないので実際には脱毛をすることができません。

そうすると、脱毛をするときに元気に生えている成長期の毛を脱毛することになりますが、すね毛の毛根は実際目に見える数のうち3分の1程度しか成長期のものはないと言われています。

そのため、それ以外の3分の2は最初の脱毛では施術できないわけです。一回目の施術の後に次の毛が生えそろうまで1カ月か2カ月程度待つ必要があります。ここで焦らずにしっかり待つと一回目で脱毛できなかった毛穴がしっかり成長期となり効果的な脱毛を行うことができるようになります。

このように毛周期と脱毛の関係を知ることで脱毛の仕組みがわかると思います。脱毛をするときには毛周期を覚えておいて、粘り強く取り組んでいきましょう。