すね毛とはどんな毛?特徴は?

体毛のことをムダ毛と言って多くの人は「こんな毛いらないのに何であるんだろう?」「必要ない、なくなって欲しい」と思われるかもしれません。しかし、体毛にはそれぞれ役割があり、何の意味もないのに生えているわけではないと言われています。

それでも、見た目を考えたり、美しく色々なファッションを楽しみたいと思ったりすると体毛をきちんと処理しておかなければなりません。女性では当たり前ですが、男性でも近年はすね毛を処理する人が増えています。

すね毛は男性でも露出しやすい部分であり、非常に目立ちますし、毛の量も多いのでその部分は自然に処理しておきたいと考えるかもしれません。そんな「すね毛」とはどんな毛でどんな特徴があるのかを少し考えておきましょう。

すね毛とは?

すね毛とは他の体毛と同じでいくつかの役割があります。

まずは、体の中にある毒素を毛を伝って外に排出する働きがあります。そのため、汗をかいたりしたときに毛を伝わって毒素が体外に出て体や肌のコンディションを良い状態の保ってくれる働きがあります。

また、外からの刺激をやわらげるクッションのような働きを兼ねています。これは「毛」全体に言えることですね。

すね毛の役割

特にすね毛は太くて長い毛の特徴がありますので、保護機能が高い毛となっています。

靴下やズボンなどによって肌がすれて傷んでしまわないように守ってくれたり、すねの薄い皮膚の下にすぐある骨を守ったりします。

特に毛には神経が通っていないですが、刺激を察知する感覚機能が非常に高く、何か異物が直接肌に触れる前に気がつくようになっています。その感覚機能のために熱くてやけどするようなものが肌に直接くっついたりするのを避けたり、濡れたりするのを事前に察知したりすることができます。

事実、毛をツルツルにした直後というのは、湯船に入るときに、足が水の中に入ったか入っていないかが一瞬分からなくなることがあります。

さらに、すね毛には体の温度を一定に保って保温したり、外からの冷たい空気が直接肌に当たるのを防いだりする役割もあります。このように足元が冷えないように体を守ってくれているのもすね毛の機能の一つでもあります。

紫外線から皮膚を守る

そして、紫外線から皮膚を守るという点でも強力な役割を持っています。
夏場のキツい紫外線が直接皮膚に当たって皮膚がんになったりしないように、まずは黒いすね毛が有害な光を吸収してくれるのです。

このようにいくつかの大切な役割をしているすね毛ですが、見た目的にはきれいに見えないことがあるので処理したいと考える人も多いです。こういったすね毛の役割を知り、残したいと考えるのであれば、すべてを剃ってしまうのではなく、自然に見える程度に薄くするのもありですね。

すね毛は自分で剃っても一日に0.3mmほどは伸びてきてしまいますので、しっかり脱毛クリニックや脱毛サロンで手入れをしようとすると毎日の処理が格段に楽になります。